メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
震災8年・首長に聞く

遠藤智・広野町長 「新しい共生」目指す 若い世代の定住へ支援 /福島

 --復興はどの程度まで進んだか。

 8割。最初の5年は商業施設「ひろのてらす」の開設など避難した住民に戻ってもらう施策に重点を置き、それ以降は帰ってからの生活再建を支える取り組みを同時に進めた。その結果、町民の9割近くが町に戻ったことを誇りに思う。「タンタンペロペロ」として親しまれる浜下り神事など各神社の祭りが昨年ほぼ再開し、年末の「暮市」や年明けの鳥小屋行事なども復活して本来の町の営みが戻りつつある。

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1603文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  4. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです