メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「ブラック・クランズマン」 思想の偏り鋭く風刺 /愛知

 毎年この時期は、世界の映画祭をにぎわせた秀作が相次いで公開され、慌ただしくも嬉(うれ)しい。昨年のカンヌ国際映画祭で「万引き家族」に次ぐグランプリに輝き、2月のアカデミー賞では監督賞など6部門にノミネートされ脚色賞を射止めた「ブラック・クランズマン」も見逃せない。「ドゥ・ザ・ライト・シング」や「マルコムX」のスパイク・リー監督が1970年代の実話をもとに撮った話題作だ。

 「クランズマン」とは、白頭巾をかぶり十字架を燃やして黒人を痛めつける、白人至上主義団体KKK(クー…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文986文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外
  5. 札幌女児死亡 道警面会に児相同行断る 「行くべきだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです