メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重点道の駅

ようか但馬蔵に選定証 養父市長「情報発信の場へ」 /兵庫

増田安弘・豊岡河川国道事務所長(右)から選定証を受け取る兵庫県養父市の広瀬栄市長=同市で、松田学撮影

 国土交通省の「重点道の駅」に選定された道の駅「ようか但馬蔵」(養父市八鹿町高柳)で、選定証交付式があった。増田安弘・豊岡河川国道事務所長が国交相代理として管理者の広瀬栄・養父市長に選定証を手渡した。

 27日にあった交付式では、増田所長が「地域活性化の拠点となる優れた企画があり、今後の重点支援で効果…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文312文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです