メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取書道連盟展

個性豊かな117点展示 鳥取で開幕 /鳥取

全国高校生大作書道展で大作優秀賞に選ばれた川村七海さんの作品(手前)と、文部科学大臣賞に選ばれた石原祥子さんの作品(奥)を解説する鳥取書道連盟の柴山抱海会長(左端)=鳥取市東町2の県立博物館で、有田浩子撮影

 県東部の書家の作品を展示した「第42回鳥取書道連盟展」が28日、鳥取市東町2の県立博物館で始まった。31日まで。無料。

 連盟賞は、金澤順子さん▽米村郁芳さん▽加藤真理さんに決まった。

 漢字、かな、大字など、それぞれ趣の異なる会員の作品117点のほか、昨年、全国高校生大作書道展で文部科学大臣賞を受賞…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです