自民党

LGBT法案、提出へ 骨子案を了承

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の「性的指向・性自認に関する特命委員会」(古屋圭司委員長)は28日、党本部で会合を開き、LGBTなど性的少数者への理解を増進する法案の骨子案を了承した。議員立法として提出し、今国会での成立を目指す。

 骨子案は「性的指向と性同一性の多様性に寛容な社会の実現」が目的だと明記。国は基本計画を作成し…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

あわせて読みたい

注目の特集