メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

沖縄県民投票の意味 本土国民が解決策議論を=遠藤孝康(那覇支局)

開票を見守る「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表(中央)やメンバーたち=那覇市で2019年2月24日、上入来尚撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡る2月24日の県民投票は、辺野古沿岸部の埋め立てへの反対が7割を超える結果となった。しかし、政府は今月25日に新たな海域での埋め立てに着手するなど、県民投票後も「辺野古移設が唯一の解決策」との姿勢を変えようとしない。沖縄の民意を無視して政府が工事を強行できるのは、有権者の99%を占める本土の国民が強く異を唱えないからにほかならない。「日米安保が必要ならば基地を均等に負担してほしい」との思いを受け止め、本土の人々が解決策の議論を始めない限り、沖縄の人々が「差別だ」と感じる構造は変わらない。

この記事は有料記事です。

残り1783文字(全文2060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです