メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

ゴラン高原の嘆き

 第3次中東戦争(1967年)でイスラエルがシリアから占領したゴラン高原は、面積約1860平方キロ。東京23区の3倍ほどの広さだが、その大半を占めるイスラエル支配地域と、シリアに返還された小さな地域とをそれぞれ訪ねると、印象が全然違うのである。

 シリアの支配地域は、戦争で破壊された建物群、つまり廃虚が放置され「侵略」を印象付けている。だが、イスラエル側から高原へ行くと、なだらかな山肌に耕作地が広がり「豊穣(ほうじょう)」そのものの印象だ。ブドウ栽培とワイン造りで知られ、聖書に出てくる水源地も近い。

 81年の国連決議に従えば、イスラエルのゴラン高原併合は無効である。ところがトランプ米大統領は、ここはイスラエル領だと言明した。エルサレムはイスラエルの首都だと認定したのに続く、驚くべき決定である。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです