メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

ゴラン高原の嘆き

 第3次中東戦争(1967年)でイスラエルがシリアから占領したゴラン高原は、面積約1860平方キロ。東京23区の3倍ほどの広さだが、その大半を占めるイスラエル支配地域と、シリアに返還された小さな地域とをそれぞれ訪ねると、印象が全然違うのである。

 シリアの支配地域は、戦争で破壊された建物群、つまり廃虚が放置され「侵略」を印象付けている。だが、イスラエル側から高原へ行くと、なだらかな山肌に耕作地が広がり「豊穣(ほうじょう)」そのものの印象だ。ブドウ栽培とワイン造りで知られ、聖書に出てくる水源地も近い。

 81年の国連決議に従えば、イスラエルのゴラン高原併合は無効である。ところがトランプ米大統領は、ここ…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです