タイ

成長の陰に「奴隷」 周辺国から人身取引・移民労働 自由制限、抜け出せぬ貧困

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
黙々と手作業で分別を続けるチョーさん=西脇真一撮影
黙々と手作業で分別を続けるチョーさん=西脇真一撮影

 人身取引の被害者や移民労働者の人権の問題が、タイで改めて注目されている。タイは人身取引被害者の「送り出し国」「経由国」であると同時に、経済発展の水準が比較的高く仕事も多いため「受け入れ国」ともなっている。移民労働者が強制的な労働に近い状況に追い込まれるケースも相次ぎ、タイ政府は被害者を減らすよう取り組んでいるが、実態の把握は簡単ではない。【バンコク西脇真一、工藤哲】

 タイも経済成長の結果、少子高齢化が始まり、タイ人はいわゆる「3K」の仕事に就きたがらなくなった。経済を支えるのは周辺国から来た数百万人ともいわれる移民労働者たちだ。

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1478文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集