メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ

成長の陰に「奴隷」 周辺国から人身取引・移民労働 自由制限、抜け出せぬ貧困

黙々と手作業で分別を続けるチョーさん=西脇真一撮影

 人身取引の被害者や移民労働者の人権の問題が、タイで改めて注目されている。タイは人身取引被害者の「送り出し国」「経由国」であると同時に、経済発展の水準が比較的高く仕事も多いため「受け入れ国」ともなっている。移民労働者が強制的な労働に近い状況に追い込まれるケースも相次ぎ、タイ政府は被害者を減らすよう取り組んでいるが、実態の把握は簡単ではない。【バンコク西脇真一、工藤哲】

 タイも経済成長の結果、少子高齢化が始まり、タイ人はいわゆる「3K」の仕事に就きたがらなくなった。経…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1478文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  4. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  5. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです