メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ

成長の陰に「奴隷」 周辺国から人身取引・移民労働 被害者自助グループ パタピマット・ウィーチョークチャンセン代表

生活再建、経験者が支援

 タイでの人身取引の被害者支援の実情について、被害者の自助グループ「リブ・アワー・ライブス」(LOL、会員約120人)のパタピマット・ウィーチョークチャンセン代表(48)にバンコクで聞いた。

 人身取引の被害者になることと、非行や薬物中毒、家族の不和、経済的な苦しさなどは密接に関連している。多くの被害者は、こうした苦境から抜け出したいと思った時に、仲介業者らから「収入のいい仕事を紹介する。家族が楽な生活を送れるようになる」などと声をかけられた経験を持つ。誘いに乗った結果、多額の借金を背負わされ、過酷な労働や売春をさせられる。

 被害者は心身に深い傷を負い、行き場を失う。こうした被害者を一人でも救い、生活を再建するため、この活…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文749文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです