英国

EU離脱 混迷、深刻化 代替案、いずれも否決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
進退をかけて欧州連合(EU)との離脱合意案承認を目指すメイ英首相=ロンドンの英下院で27日、ロイター
進退をかけて欧州連合(EU)との離脱合意案承認を目指すメイ英首相=ロンドンの英下院で27日、ロイター

 英国のメイ首相が自らの進退をかけて欧州連合(EU)との離脱合意案承認を求めたことを受け、一部の離脱強硬派は合意案支持に転換。だが、反対も根強く、可決できるかどうかは依然不透明だ。一方で、政府案に代わる議員提案の離脱方針案の取りまとめも難航。行き詰まりが深刻化する英国に対し、EUは離脱の長期延期を想定した対応の準備も始めた。

 メイ氏の辞任意向表明の直後から、与党・保守党内には動きが出始めた。英紙テレグラフ(電子版)は、離脱強硬派の大物、ジョンソン前外相が離脱合意案の支持へと姿勢を転換したと速報で伝えた。

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1894文字)

あわせて読みたい

注目の特集