メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JPX・東商取

「総合取引所」基本合意 東商取、エネルギー市場に 20年度開設

基本合意し握手をする(左から)大阪取引所の山道裕己社長、JPXの清田瞭グループCEO、東京商品取引所の浜田隆道社長=東京都中央区で28日

 東京証券取引所などを傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)と商品先物を扱う東京商品取引所は28日、10月をめどに経営統合し、2020年度までに幅広い金融商品を一つの取引所で売買する「総合取引所」を目指すことで基本合意した。海外の主要取引所は既に総合取引所となり先物市場を伸ばしてきた。JPXも国内外から新たな投資家を呼び込み、巻き返しを図る。【古屋敷尚子】

 「世界の投資資金を取り込む大きな転機になる。日本のデリバティブ(金融派生商品)市場の活性化を図りたい」。28日、東商取の浜田隆道社長、大阪取引所の山道裕己社長と共同記者会見に臨んだJPXの清田瞭グループ最高経営責任者(CEO)は経営統合の意義を強調した。

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです