メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第4部 伝える/6 「ハケン」により冷たく 脚本家・中園ミホさん(59)

=山下浩一撮影

 「派遣は黙って正社員の言うことを聞いてりゃいいんだ」「その派遣に頼っているのは誰ですか、正社員さん」--。

 派遣社員が高い能力で次々と職場の窮地を救い、正社員をうならせる2007年の大ヒットドラマ「ハケンの品格」。脚本を書いた中園ミホさん(59)は、取材した派遣社員らとの交流を今も続けている。「非正規社員の労働環境はあの頃よりずっとひどくなっている。弱い立場の人にますます冷たい世の中になっていると思いませんか」

 「ハケンの品格」は平成の時代を通してヒットを飛ばしてきた中園さんが初めて、自分からテレビ局に持ち込…

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです