メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

萩原健一さん 68歳=俳優、ミュージシャン

「前略おふくろ様」

 「ショーケン」の愛称で親しまれ、テレビドラマ「太陽にほえろ!」「前略おふくろ様」や映画「八つ墓村」などで活躍した俳優でミュージシャンの萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・敬三=けいぞう)さんが26日、消化管間質腫瘍(GIST)のため東京都内の病院で死去した。68歳。所属事務所が28日発表した。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻理加(りか)さん。

 さいたま市出身。1967年にグループサウンズの「ザ・テンプターズ」のボーカルとして16歳で芸能界デビュー。「神様お願い!」「エメラルドの伝説」などの大ヒット曲を生みだした。グループの解散後は俳優へ転向。日本テレビ「太陽にほえろ!」や「傷だらけの天使」など多数のドラマに出演し、「太陽にほえろ!」では新人刑事のマカロニ役で人気を集め、殉職シーンが話題となった。また、映画「影武者」「八つ墓村」「青春の…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. コロナ感染を促進するたんぱく質発見 新薬への応用に期待 国際研究チームが発表

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです