新元号、官房長官が4月1日午前11時半に発表 首相が正午から記者会見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
元号選定手続検討会議に臨む菅義偉官房長官(右から2人目)ら=首相官邸で2019年3月29日午前8時1分、小川昌宏撮影
元号選定手続検討会議に臨む菅義偉官房長官(右から2人目)ら=首相官邸で2019年3月29日午前8時1分、小川昌宏撮影

 政府は29日午前、元号選定手続検討会議を首相官邸で開き、4月1日の新元号選定手続きを決めた。菅義偉官房長官が午前11時半ごろ新元号を発表し、続いて正午ごろから安倍晋三首相が記者会見して新元号の意義を説明する。

 菅氏が29日午前の記者会見でこうした段取りを明らかにした。

 4月1日は各界の有識者による「元号に関する懇談会」を午前9時半から40分程度開き、複数の新元号案を示す。有識者懇のメンバーは「事柄の性質上、迷惑がかかる」(菅氏)として1日朝に公表する。

 その後、午前10時20分ごろから衆院議長公邸で大島理森衆院議長、伊達忠一参院議長ら衆参両院正副議長の意見を聴取。全閣僚会議で新元号案を選定し、新元号を定める政令を閣議決定する。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文711文字)

あわせて読みたい

注目の特集