メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真集「失語症」 病を経て、とらえた光 プロも注目

文字の練習プリントに差し込む光。写真集「失語症」より=加藤俊樹さん提供

 柔らかな夕日が、リハビリ用プリントのひらがなを照らす。カメラメーカーに勤務する加藤俊樹さん(53)が出版した写真集「失語症」の表紙だ。脳出血で突然、言葉を失う経験をした。「それでもできること、楽しめることがある」。その時に見た光を、多くの人と共有したいと願っている。ギャラリー「ルーニィ247ファインアーツ」(東京都中央区)で、31日まで作品展を開いている。

 加藤さんが倒れたのは、47歳の時。職場の集まりから救急搬送された。命はとりとめた。一方で、自分の名前も言えず、ひらがなも読めなくなった。妻の瑞恵さん(54)が、入院先にカメラを持っていったが、何に使うものか分からない。機能や設定も「(頭から)飛んじゃっていた」。おしゃべりや読書は難しい。でも「光だけはある」。病室の床や、屋外に降り注ぐ陽光にレンズを向けはじめた。

この記事は有料記事です。

残り1511文字(全文1874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無資格の施設長が医療行為の胃ろう処置 神戸の特養老人ホーム 人手不足で

  2. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです