メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中高年のひきこもり61万人 40~64歳、若年層と同規模

ひきこもりの「親父の会」に集まってきた70代の父親たち。年金やアルバイトで子どもたちの生活を支えている=2019年1月5日、市川明代撮影

 内閣府は29日、40~64歳でひきこもり状態にある人が全国で推計61万3000人に上るとの調査結果を公表した。15~39歳を対象とした内閣府の調査(2015年)での推計54万1000人とほぼ同規模。ひきこもりの人の総数は100万人規模になるとみられる。

 ひきこもりは若者の問題として捉えられ、内閣府が10、15年と2回実施した調査対象は15~39歳だった。だが、ひきこもりの長期化や高齢化が指摘されていることを踏まえ、中高年層について調べた。ひきこもりが若い世代だけの問題ではないと国として認めた形だ。

 内閣府の発表によると、年齢の内訳は、40代が38%、50代は36%、60代26%。4分の3が男性だった。ひきこもり状態になった年齢が39歳以下の人は4割程度で、6割は40歳以上だった。就職氷河期世代に当たる40代の半数は20代にひきこもり状態になっている。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです