メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定年退職、専業主婦も…ひきこもり多様な姿 問題の根深さ示す

ひきこもりの「親父の会」に集まってきた70代の父親たち。年金やアルバイトで子どもたちの生活を支えている=2019年1月5日、市川明代撮影

 中高年を対象とした内閣府の調査は、ひきこもりが若い世代だけではなく幅広い年齢層の問題だということを裏付けた。全体で100万人規模という数の多さに加え、ひきこもりの人の属性の多様さは、問題の根深さを感じさせる。

 調査では、ひきこもりの人の3人に1人が、主に生計を立てているのが「父」や「母」だった。80代の親が長期間ひきこもる50代の子どもを支える「8050問題」が指摘されている。40代が中高年のひき…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです