メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「革命的な俳優」「もっと長くクソジジイでいてほしかった」…萩原健一さん悼む声相次ぐ

 26日に68歳で亡くなった俳優でミュージシャンの萩原健一さん。世間を騒がせ、それでも「ショーケン」の愛称で親しまれた名優・ミュージシャンの突然の訃報に、かつての共演者や関係者から悼む声が相次いだ。

 昨秋のNHKドラマ「不惑のスクラム」で共演した俳優、高橋克典さんは「大好きだったショーケン。少年の頃の一番の憧れでした。シャープでダイレクトで嫌なヤツで、とびきりセンスが良くてとびきりチャーミングでおしゃれなショーケンさん。もっと長くクソジジイでいてほしかった。一緒に仕事するのは大変だったけど、楽しかった。本当に残念、本当に寂しいです」とコメントを寄せた。

 このドラマで萩原さんと夫婦役だった女優、夏木マリさんは、自身のツイッターに、萩原さんと2人で納まった写真を載せ、「炎天下の屋上で集中されていた姿は1970年代に私が憧れていたショーケンに優しさも加わって素敵(すてき)だなと見惚(ほ)れておりました。音楽の話も楽しかった、悲しいです」と記した。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです