メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「革命的な俳優」「もっと長くクソジジイでいてほしかった」…萩原健一さん悼む声相次ぐ

 26日に68歳で亡くなった俳優でミュージシャンの萩原健一さん。世間を騒がせ、それでも「ショーケン」の愛称で親しまれた名優・ミュージシャンの突然の訃報に、かつての共演者や関係者から悼む声が相次いだ。

 昨秋のNHKドラマ「不惑のスクラム」で共演した俳優、高橋克典さんは「大好きだったショーケン。少年の頃の一番の憧れでした。シャープでダイレクトで嫌なヤツで、とびきりセンスが良くてとびきりチャーミングでおしゃれなショーケンさん。もっと長くクソジジイでいてほしかった。一緒に仕事するのは大変だったけど、楽しかった。本当に残念、本当に寂しいです」とコメントを寄せた。

 このドラマで萩原さんと夫婦役だった女優、夏木マリさんは、自身のツイッターに、萩原さんと2人で納まっ…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文857文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです