メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友問題、検審が佐川前国税庁長官ら「不起訴不当」議決 供述「信用できない」

検審が不起訴不当と議決した関係者

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡る一連の問題で、学園との取引に関する交渉記録を廃棄した公用文書毀棄(きき)や、不当に土地を値引きしたとする背任などの容疑で告発されて不起訴処分になった、佐川宣寿・前国税庁長官や財務省職員ら計10人について、大阪第1検察審査会(検審)は29日、「不起訴不当」などと議決したと発表した。大阪地検特捜部が再捜査し、起訴か不起訴かを改めて判断する。ただ「起訴相当」の議決ではないため、佐川氏らの強制起訴はなくなった。

 議決書によると、検審は文書を改ざんしたとする有印公文書変造・同行使と公用文書毀棄罪について、「一部…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文736文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです