メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・大熊町「じじい部隊」今月末で任務完了 4月一部地域避難指示解除で

登山道整備の合間に休憩し、笑顔を見せる福島県大熊町の駐在員6人、通称「じじい部隊」=同町で2019年3月29日、森田剛史撮影

 東京電力福島第1原発事故の全町避難が続く福島県大熊町で、町民の留守を預かってきた60代の駐在員6人が今月末で任務を終える。4月10日、一部地域で避難指示が解除されるからだ。定年を迎えた町幹部らが6年前から無人の町に通い、やぶを払い、水路をさらうなど奮闘してきた。通称「じじい部隊」は「町民が戻るまで町を見守る役目を果たせた。あとは若い世代に託す」と胸を張る。

 避難指示が解除され、町役場新庁舎もできる大川原地区で29日、6人は斜面にブルーシートでかいた文字を…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです