特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

投手交代転機に打線目覚め 明豊、大会の主役候補に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【札幌大谷-明豊】四回裏明豊2死二塁、野辺が右中間適時三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年3月29日、平川義之撮影 拡大
【札幌大谷-明豊】四回裏明豊2死二塁、野辺が右中間適時三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年3月29日、平川義之撮影

第91回選抜高校野球2回戦 ○明豊2-1札幌大谷●(29日・甲子園)

 明豊打線が四回、目を覚ました。相手の投手交代が転機になった。

 先頭の表がこの試合チーム2本目の安打となる中前打で出ると、札幌大谷は左腕・阿部から右横手・太田にスイッチ。2番・宮川の送りバントなどで2死二塁とし、左打席に入ったのは4番・野辺。2ボールから真ん中に入ってきた球をはじき返すと、打球は右中間を破り、先制の適時三塁打になった。

 明豊が先発と予想していたのは太田。川崎監督が右横手から投げたり、緩い球を設定した打撃マシンで練習したりしてきた。だが、マウンドに上がったのは太田とは対極の位置から放る、197センチの左腕の阿部だった。予想外の投手に明豊打線は三回を終えて1安打と攻めあぐねていた。それだけに太田の登板を待ち望んでいた。

 川崎監督は試合前、「左打者がポイントになる」と語っていた。シュートやスライダーに加え、直球も微妙に変化する太田に対し、球が変化する前に捉えようと、投手寄りに打席に立つことを意識。先制打を放った野辺も1打席目よりも前寄りに立ち、ひと振りで仕留めた。

 初戦の横浜に続き、昨秋の明治神宮大会王者も破った明豊。大会の主役候補に躍り出た。【安田光高】

次に読みたい

あわせて読みたい