特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

筑陽、勝ちパターンの継投成功で8強入り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【筑陽学園-山梨学院】五回裏に2球で降板した筑陽学園の菅井(右)に代わってマウンドに向かう西舘=阪神甲子園球場で2019年3月29日、山田尚弘撮影 拡大
【筑陽学園-山梨学院】五回裏に2球で降板した筑陽学園の菅井(右)に代わってマウンドに向かう西舘=阪神甲子園球場で2019年3月29日、山田尚弘撮影

第91回選抜高校野球2回戦 ○筑陽学園3-2山梨学院● (29日・甲子園)

 最大の山場で筑陽学園の江口監督がマウンドを託したのは右腕・西舘だった。

 同点の五回1死一、二塁で、1回戦2本塁打の山梨学院の強打者・野村を迎えた。カウント1―2と追い込むと、最後は最も自信のある膝元へのチェンジアップで空振り三振に仕留めた。「相手は真っすぐが強いので変化球で押していこうと思った」と狙い通りの1球で、この回得点を与えなかった。

 布石は直前の2番・菅野の打席にあった。1死から二塁打を許した先発右腕の西がボールを2球続けた。無理に勝負をして、長打を浴びる恐れもあったため、「四球でもいい」と江口監督は左腕・菅井をマウンドへ。菅井がボールを2球続けて四球にしたところで、抑えとして幾度となくピンチの場面で登板してきた西舘を満を持して送り出した。

 小刻みな継投は相手の目先を変えることと、一呼吸置くことで相手に傾きかけた悪い流れを断ち切る狙いもあった。西舘は「野村を抑えれば相手の勢いを止められると思った」と振り返る。

 昨秋の九州大会から確立した勝ちパターンの継投を成功させて、初のセンバツで8強入りの快進撃。九州王者の勢いは止まらない。【長田舞子】

次に読みたい

あわせて読みたい