羽生結弦は2、3カ月加療必要 右足首の負傷

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子シングルで2位に終わった羽生結弦のフリーの演技=さいたまスーパーアリーナで2019年3月23日、宮間俊樹撮影
男子シングルで2位に終わった羽生結弦のフリーの演技=さいたまスーパーアリーナで2019年3月23日、宮間俊樹撮影

 日本スケート連盟は29日、フィギュアスケート男子で世界国別対抗戦(4月11~13日、マリンメッセ福岡)を右足首のけがで欠場する羽生結弦(ANA)について、今後も約2~3カ月の治療が必要の見込みと明らかにした。連盟によると、足の関節に痛みと炎症が残っているという。

 羽生は昨年11月17日、グランプリ(G…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文299文字)

あわせて読みたい

注目の特集