メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
欧州ニュースアラカルト

EU離脱 国外で暮らす英国の若者はいま何を思う

ブリュッセルのEU本部前に掲げられた英国旗=八田浩輔撮影

 3月29日に予定されていた英国の欧州連合(EU)離脱は、少なくとも4月12日までは延期されることになった。しかし英政界の混迷は一層深まり、離脱問題がどのような結末をたどるのか不透明な状況は変わらない。生まれた時から「EU市民」だった若者たちは今、何を思うのか。ベルギーの大学に在籍する英国人たちに会いにいった。

この記事は有料記事です。

残り2930文字(全文3086文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

  5. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです