メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
若松孝二とその時代

(21)足立正生さんインタビュー・上 「お互いの三つのルール」

「血は太陽よりも赤い」の一場面。若松孝二監督と足立正生さんが初めてコンビを組んだ作品。これ以降、2人で数多くの傑作、話題作を世に送り出すことになる=若松プロ提供

 2012年10月に不慮の交通事故で若松孝二は急逝した。長年伴走した脚本家・監督の足立正生さんは本紙への寄稿で<反骨魂と直感力だけを頼りに多作を続けた。差別され、行き詰まった危機をがむしゃらな突貫精神で突き切ることをよしとしていた>と盟友の死を悼んだが、その衝撃は今も薄れていない。「若松孝二とその時代」第21回は、映画作りに命を燃やした男を最も知る人に登場を願った。苦楽をともにした足立さんでなければ知り得ない話の数々は、若松の人間臭さだけでなく、時にコミカルな一面をも映し出す。2人の出会いと親交から生まれた数々の傑作や問題作は「がむしゃらな反骨魂」にあふれ、長い歳月が過ぎた現代でも輝きを失わずに時代を照らし続けている。【鈴木隆】 

この記事は有料記事です。

残り5074文字(全文5393文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです