メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(21)足立正生さんインタビュー・上 「お互いの三つのルール」

「血は太陽よりも赤い」の一場面。若松孝二監督と足立正生さんが初めてコンビを組んだ作品。これ以降、2人で数多くの傑作、話題作を世に送り出すことになる=若松プロ提供

 2012年10月に不慮の交通事故で若松孝二は急逝した。長年伴走した脚本家・監督の足立正生さんは本紙への寄稿で<反骨魂と直感力だけを頼りに多作を続けた。差別され、行き詰まった危機をがむしゃらな突貫精神で突き切ることをよしとしていた>と盟友の死を悼んだが、その衝撃は今も薄れていない。「若松孝二とその時代」第21回は、映画作りに命を燃やした男を最も知る人に登場を願った。苦楽をともにした足立さんでなければ知り得ない話の数々は、若松の人間臭さだけでなく、時にコミカルな一面をも映し出す。2人の出会いと親交から生まれた数々の傑作や問題作は「がむしゃらな反骨魂」にあふれ、長い歳月が過ぎた現代でも輝きを失わずに時代を照らし続けている。【鈴木隆】 

この記事は有料記事です。

残り5074文字(全文5393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです