メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 復興支える技能実習生

底引き網漁船で働くインドネシアからの技能実習生、カシワンさん=宮城県沖で2019年3月13日、久保玲撮影

 船上で引き揚げられた網を手繰り、慣れた手つきで魚を選別する。「何も言うことはないね」。船長の森智朗さん(50)は、インドネシアからの技能実習生、カシワンさん(28)に全幅の信頼を寄せる。2011年3月の東日本大震災で漁港や魚市場も大きな被害を受けた宮城県石巻市。あれから8年、漁業を支えているのは外国人技能実習生たちだ。

 船員不足から07年に受け入れを開始。震災時には、全29人のうちカシワンさんだけが「こんな大変な時に…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです