メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「メゾン・ド・ポリス」 定番の刑事ドラマに新風=碓井広義

 1月クールのドラマが終了した。印象に残った作品の中で、刑事ドラマという定番ジャンルに新風を吹き込んだ「メゾン・ド・ポリス」(TBS系)に注目したい。

 まず、新米女性刑事の牧野ひより(高畑充希)が、退職刑事専用のシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」に暮らす高齢者たちの力を借りて事件を解決していく、その設定が新鮮だった。主演の高畑は演技のシリアスとコメディーの配分が絶妙で、大先輩たちのムチャぶりに困惑しながらも彼らに助けられ、同時に彼らを元気にするヒロインを好演していた。

 また5人のベテランのキャラクターと、演じている俳優のマッチングも楽しめた。ハウスのオーナーは元警察…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  5. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです