メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

道議選/札幌市議選 告示 無投票最多、民意どこで /北海道

 統一地方選は29日、道議選と札幌市議選が告示され、9日間の選挙戦が始まった。すでに告示された知事選、札幌市長選を含め前半戦はいずれも4月7日に投開票される。札幌市議選は西区(定数7)に7人しか届け出ず、戦後初めて無投票となった。知事交代とともに、与野党の勢力変化が注目される道議選は46選挙区に過去最少の134人が届け出て、過去最多の21選挙区で無投票になった。地方議員のなり手不足を反映し、人口200万人の政令市や道内各地で、告示の届け出締め切りとともに当選が決まる無投票が広がり、有権者が民意を示す機会を失っている。(道議選名鑑は26面)【統一地方選取材班】

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者25人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです