’19統一地方選

道議選/札幌市議選 告示 無投票最多、民意どこで /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 統一地方選は29日、道議選と札幌市議選が告示され、9日間の選挙戦が始まった。すでに告示された知事選、札幌市長選を含め前半戦はいずれも4月7日に投開票される。札幌市議選は西区(定数7)に7人しか届け出ず、戦後初めて無投票となった。知事交代とともに、与野党の勢力変化が注目される道議選は46選挙区に過去最少の134人が届け出て、過去最多の21選挙区で無投票になった。地方議員のなり手不足を反映し、人口200万人の政令市や道内各地で、告示の届け出締め切りとともに当選が決まる無投票が広がり、有権者が民意を示す機会を失っている。(道議選名鑑は26面)【統一地方選取材班】

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1132文字)

あわせて読みたい

注目の特集