メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選 告示 過去最少60人出馬 /青森

 統一地方選の前半戦となる県議選が29日告示された。16選挙区(定数48)に60人が立候補し、4月7日の投開票に向けて選挙戦が始まった。立候補者数は、現行の区割りとなった2007年以降で最少。無投票当選も戦後最多となった11年の7選挙区に次ぐ6選挙区にのぼり、議員のなり手不足の傾向が強まっている。約3分の2を占める「自民1強」に対し、野党勢力がどこまで切り崩せるのか。人口減少など県の課題を巡り論戦が繰り広げられる。【井川加菜美、北山夏帆】

この記事は有料記事です。

残り3377文字(全文3598文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです