メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

津波被災のヤヨイサンフーズ、気仙沼の新工場着工へ 来年稼働予定、安全祈願祭開く /宮城

 東日本大震災で気仙沼市の工場が被災した冷凍食品製造会社「ヤヨイサンフーズ」(本社・東京)は28日、同市の赤岩港水産加工団地で新工場建設の安全祈願祭を開いた。来年11月の稼働予定で、被災した旧工場から震災後、福岡県などの3工場へ異動した従業員を対象に、気仙沼へ戻る希望者を募り、地元雇用も進めるという。

 新工場は敷地面積約2万平方メートル、鉄骨2階建て建物の延べ床面積が約1万2000平方メートル。水産加工品や施設向けの介護食などを生産する。年間生産能力は6400トン。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  2. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 王室改革誓うプレート撤去、実行者不明 バンコク王宮前広場 反政府集会で設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです