’19統一地方選

府議選/大阪市議選/堺市議選 告示 3選挙、熱戦火ぶた 立候補者が激減 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
候補者の演説を聴く有権者ら=大阪市内で、猪飼健史撮影(画像の一部を加工しています)
候補者の演説を聴く有権者ら=大阪市内で、猪飼健史撮影(画像の一部を加工しています)

 統一地方選前半戦の府議選、大阪・堺両市議選が29日告示され、府議選には146人、大阪市議選に125人、堺市議選には62人がそれぞれ立候補を届け出た。定数は大阪市議選で3削減されたが、それ以上に立候補者数は激減し、3選挙の合計は333人と前回を53人下回った。その影響で無投票の選挙区が府議選で8、大阪市議選で1あった。【津久井達、山下貴史、矢追健介】

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文962文字)

あわせて読みたい

注目の特集