メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選 告示 8選挙区44人が論戦 無投票当選は4人 /島根

島根県議会の選挙区と定数

 統一地方選の県議選は29日告示され、12選挙区の定数37に計48人が立候補した。仁多、邑智、鹿足、隠岐では定数と同数の立候補しかなく、無投票で4人の当選が決まった。定数11の松江選挙区では、立候補を表明していた11人に加えて1人が出馬。8選挙区で44人による9日間の選挙戦が始まった。松江や出雲などでベテランが引退し、夏には参院選も控える。地方の衰退が指摘されて久しい中、島根の明日のための具体策が争点となる。知事選と同じ4月7日に投開票される。【根岸愛実、前田葵、鈴木周】

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです