メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
新元号

発表、前例を微修正 首相自ら談話 保守派の意向受け

 安倍晋三首相は4月1日の新元号発表後、記者会見で首相談話を自ら発表する。1989年に平成への改元を発表した際は、当時の小渕恵三官房長官が「平成」の墨書を掲げ、竹下登首相の談話も読み上げた。首相官邸関係者は「安倍首相はこだわっていなかった」と明かすが、支持基盤でもある保守派の一部から首相による新元号発表を望む声があることにも配慮。菅義偉官房長官が発表した上で、談話を首相自身が発表する形に落ち着いた。

 菅氏は29日の記者会見で「閣議の内容は通常、官房長官が公表しており、閣議決定された新元号は私が公表…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文582文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです