新元号

発表、前例を微修正 首相自ら談話 保守派の意向受け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は4月1日の新元号発表後、記者会見で首相談話を自ら発表する。1989年に平成への改元を発表した際は、当時の小渕恵三官房長官が「平成」の墨書を掲げ、竹下登首相の談話も読み上げた。首相官邸関係者は「安倍首相はこだわっていなかった」と明かすが、支持基盤でもある保守派の一部から首相による新元号発表を望む声があることにも配慮。菅義偉官房長官が発表した上で、談話を首相自身が発表する形に落ち着いた。

 菅氏は29日の記者会見で「閣議の内容は通常、官房長官が公表しており、閣議決定された新元号は私が公表する」と説明。首相が談話を読み上げる形式に関しては「新元号に込められた意義、国民へのメッセージを国民へ直接伝える。首相自身が趣旨を説明するのは極めて大事だ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文582文字)

あわせて読みたい

注目の特集