メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ地震

事前避難、警戒2週間 政府指針

連動して発生する巨大地震の被害者が懸念される地域での防災対応のイメージ

 政府は29日、南海トラフの東西に長い想定震源域の片側でマグニチュード(M)8以上の地震(半割れ)が起きた場合、連動して起こる巨大地震の津波被害が予想される地域に避難勧告などを発令し、1週間程度の避難を求めるガイドラインを公表した。巨大地震がなければ警戒レベルを落とし、2週間後には通常生活に戻ることを想定している。政府は来月にも自治体向けの説明会を実施し、約1年後をめどに地域防災計画などに反映させる方針。

 「半割れ」が起きた場合、気象庁は「臨時情報(巨大地震警戒)」を発表する。ガイドラインはこのケースに…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです