メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

ひきこもり高齢化、深刻 就活失敗、抜け出せず

大阪府豊中市内の商店で、ひきこもり経験者の男性店員(手前)と話す同市社会福祉協議会の勝部室長=同市で2019年3月28日午後4時7分、原田啓之撮影

 内閣府の初の実態調査で、推計60万人に上ることが明らかになった中高年層のひきこもり。調査結果では就職氷河期世代の40代が4割を占めるが、このまま長期化すれば、80代の親が生計の不安を抱えながら50代のひきこもりの子を支えるという「8050問題」が深刻化する。主婦や高齢になってからの退職者がひきこもりになっている実態も浮かび、若者層にとどまらない支援が急務になっている。【熊谷豪、原田啓之】

 「若い人を育てる余力が、会社になかった」。就職氷河期に「ブラック企業」に入ってしまい、ひきこもりになった経験のある東京都内の会社員男性(45)は悲痛な声を上げた。

この記事は有料記事です。

残り2010文字(全文2288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです