連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

戦没者遺骨問題って? 国、DNA鑑定に消極的 硫黄島、判明わずか2体=回答・栗原俊雄

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
硫黄島=東京都小笠原村で2018年、本社機「希望」から須賀川理撮影
硫黄島=東京都小笠原村で2018年、本社機「希望」から須賀川理撮影

 なるほドリ 国会で、硫黄島(いおうとう)(東京都)の戦没者遺骨(せんぼつしゃいこつ)の問題が議論されているらしいね。何が問題になっているの?

 記者 遺骨の身元を特定するDNA鑑定が進んでいないことです。第二次世界大戦末期、硫黄島では日米両軍が激突し、日本軍は約2万人が亡くなりました。国は遺骨収容を続けていますが、約1万体が見つかっていません。2003年度にようやく遺骨のDNA鑑定を始めましたが、遺族のDNAと一致し、身元が分かったのは2体だけです。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文825文字)

あわせて読みたい

注目の特集