メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米

宇宙監視で連携 他国衛星・デブリ、情報共有 23年度から

宇宙状況監視(SSA)システムの運用イメージ

 日米両政府は2023年度から自衛隊と米軍の宇宙状況監視(SSA)システムを連結させ、リアルタイムで他国の衛星やスペースデブリ(宇宙ごみ)などの情報を共有する方針だ。将来的には他国衛星の攻撃などに備えた相互防護体制の構築を目指す。4月にワシントンで開く外務・防衛閣僚の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で、宇宙分野の連携強化を確認する見通しだ。【秋山信一】

 デブリや不審な衛星の情報を把握する日本の宇宙監視は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が高度200~…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです