メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データ流通

WTO電子商取引交渉 米中対立 日本の調整難航必至

WTO電子商取引交渉をめぐる構図

 政府が6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に向けて推進する企業や個人のデータ流通の国際ルール作りをめぐり、主要舞台となる世界貿易機関(WTO)の電子商取引交渉が入り口から米中両国の対立に直面している。米国が「高水準のルール」を求めるのに対し、中国は「発展途上国の特別扱い」を主張。G20議長国の日本は調整に苦しみそうだ。【清水憲司】

 インターネットを通じた商取引が広がり、経済におけるデータの重要性が増す中、日本は国境を越えてデータをやり取りできる「自由なデータ流通」構想を提唱。安倍晋三首相が1月、スイス・ダボスでの世界経済フォーラムで今年のG20で国際ルール作りを後押しする考えを表明した。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議

  2. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  3. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 新型コロナ 佐野の30代男性が感染 /栃木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです