メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

完全キャッシュレス化の落とし穴=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 QRコードなどによるキャッシュレス式の支払い手段が日本で急増している。これほどの乱立状態は世界的にも珍しいといえる。利便性、効率性、犯罪防止性の観点から筆者はキャッシュレス化を基本的には支持している。しかし慎重に検討すべき面もある。

 世界最速でキャッシュレス化が進んでいるスウェーデンでは、市中現金流通高(年末)が2007年から17年にかけて49%も減少した(日本は30%増)。大手小売りチェーンや百貨店は完全キャッシュレスの実験を現在進めている。

 しかし有料公衆トイレすら現金を受け付けなくなってきた状況に年金受給者団体が反対を表明している。デジタル技術に慣れない高齢者にとっては社会が不便になってきたからだ。彼らは支払い手段の選択の自由は確保されるべきだと主張している。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです