メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

海外難民救援金 1005万円を25団体に贈呈

[PR]

 皆さまから寄せられました2018年度の海外難民救援金1005万円を国連救援機関や難民支援活動をしているNGO(非政府組織)など25団体に贈呈しました。

     毎日新聞社と毎日新聞東京・大阪・西部社会事業団が海外飢餓・難民キャンペーンを始めた1979年以来、これまでに贈呈した救援金は16億3278万8344円になりました。贈呈先は次の通りです。(順不同)

     日本ユニセフ協会▽国連UNHCR協会▽国連世界食糧計画WFP協会▽国境なき医師団日本▽AMDA▽セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン▽シェア(国際保健協力市民の会)▽シャンティ国際ボランティア会▽AAR Japan(難民を助ける会)▽日本国際ボランティアセンター(JVC)▽ピースウィンズ・ジャパン▽ワールド・ビジョン・ジャパン▽難民支援協会▽マハムニ母子寮関西連絡所▽緑のサヘル▽ペシャワール会▽ロシナンテス▽JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)▽Our Bridge(ハルマン孤児院支援)▽高遠菜穂子(ピース・セル・プロジェクト)▽EDAYA▽シエラレオネフレンズ▽ネパール・ヨードを支える会▽ネパール震災プリタム実行委員会▽ラリグラス

     毎日新聞社、毎日新聞東京・大阪・西部社会事業団

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

    2. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

    3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

    4. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

    5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです