プロ野球

広島5-0巨人 巨人・丸、古巣に4三振

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1回巨人1死一塁、三振に倒れる丸。投手大瀬良、捕手会沢=マツダ
1回巨人1死一塁、三振に倒れる丸。投手大瀬良、捕手会沢=マツダ

 初の開幕投手を務めた大瀬良が8回無失点と好投し、広島が白星発進。大瀬良は直球とスライダーにキレがあり、打線も三回に安部が先制ソロ、八回には会沢の2点二塁打などで4点を奪った。巨人は打線がつながりに欠けた。

空振りつまずく

 古巣・広島の本拠地で、かつての定位置「3番・中堅」で迎えた開幕戦。温かい拍手でファンに迎えられた巨人の丸だったが、結果は4打数4三振と厳しいものだった。

 一回1死一塁で迎えた第1打席。追い込まれると広島・大瀬良の内角低めの変化球に対し、中途半端なスイングで空振り三振。ここから、負の連鎖が始まった。当然のことながら、丸が凡退すると広島ファンから大きな歓声が起こる。試合後、報道陣から「昨年とは違う開幕か」と問われた丸は「それはない」と話したが、やはり平常心ではなかろう。何度も「(気持ちを)切り替えたい」と言葉を繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文639文字)

あわせて読みたい

注目の特集