メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第4部 伝える/7止 平和運動、若者起点に 元SEALDsメンバー・林田光弘さん(26)

元SEALDsメンバーの林田光弘さん=東京都千代田区で2019年、手塚耕一郎撮影

 「核兵器のこれからを自分の問題として考えてほしいんです。署名がそのきっかけになればいい」。まっすぐなまなざしに決意がにじんだ。学生団体SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)元メンバー、林田光弘さん(26)=神奈川県在住=は今、被爆者とともに核兵器廃絶を訴える「ヒバクシャ国際署名」に取り組む。2020年までに数億人を目指し、これまで国内外で830万人超が署名を寄せた。

 15年に友人らと結成したSEALDsは、安全保障関連法案を巡りソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で反対デモを呼び掛けるなどして若者の政治参加の新たな在り方を示した。「インターネットを使えば誰でも運動の起点になれる。一人一人が法案に反対するメッセージを発することから始まり、その怒りを表現する場としてSEALDsという枠組みをつくりました」

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです