メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第4部 伝える/7止 平和運動、若者起点に 元SEALDsメンバー・林田光弘さん(26)

元SEALDsメンバーの林田光弘さん=東京都千代田区で2019年、手塚耕一郎撮影

 「核兵器のこれからを自分の問題として考えてほしいんです。署名がそのきっかけになればいい」。まっすぐなまなざしに決意がにじんだ。学生団体SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)元メンバー、林田光弘さん(26)=神奈川県在住=は今、被爆者とともに核兵器廃絶を訴える「ヒバクシャ国際署名」に取り組む。2020年までに数億人を目指し、これまで国内外で830万人超が署名を寄せた。

 15年に友人らと結成したSEALDsは、安全保障関連法案を巡りソーシャル・ネットワーキング・サービ…

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1684文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです