メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

季語刻々

春昼や村の床屋のヒヤシンス

 ◆昔

春昼や村の床屋のヒヤシンス 田中冬二

 夏目漱石の小説「草枕」にのどかな春の象徴みたいな村の床屋が登場する。以下はその床屋のようす。「生温(なまぬる)い磯(いそ)から、塩気のある春風がふわりふわりと来て、親方の暖簾(のれん)を眠たそうに煽(あお)る。身を斜(はす)にしてその下をくぐり抜ける燕(つ…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文214文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです