メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

広島5-0巨人 コイ貫禄、G封じ

 <広島5-0巨人>

 初の開幕投手を務めた大瀬良が8回無失点と好投し、広島が白星発進。大瀬良は直球とスライダーにキレがあり、打線も三回に安部が先制ソロ、八回には会沢の2点二塁打などで4点を奪った。巨人は打線がつながりに欠けた。

大瀬良風格、8回無失点

 「エース」の風格を漂わせた。初の開幕投手を任された広島の大瀬良が8回無失点で巨人・菅野との投げ合いを制した。かつてアドバイスをもらったこともある丸を「今年は対戦相手。投げにくさはない」と4三振と封じ込め、計11奪三振で観衆を総立ちにさせた。

 踏ん張りどころは1点リードで迎えた八回。1死から吉川尚、坂本勇に連打を浴びて一、二塁で丸を迎えた。…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1027文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです