メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviグルメ

[街中華の名店]「秀永」の「ほんこん飯&とりめし」は高田馬場の中華遺産だ(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

JRに西武線と地下鉄が交わるターミナル、高田馬場。大学や専門学校が点在することから学生の街としても知られ、2000年代初期のラーメン激戦区でもある。つまりは安うまグルメの宝庫であり、街中華の名店も存在。そのなかから、今回は特に個性的な一軒「秀永」を紹介したい。

↑オレンジに緑色の看板が目印。メニューを並べたショーケースもいい味を出している

 

食べやすく仕上げられた個性派二大めしは必食だ

同店の個性を光らせているのが、独創的なメニューの数々だ。ラーメンやチャーハンなどの王道も当然あるが、それらを凌駕する人気の逸品をご覧いただきたい。まずは、ネーミングからして独特な「ほんこん飯」(ほんこんはん)を。

↑「ほんこん飯」780円。豚のこま切れ肉に白菜、キャベツ、そして小松菜やほうれん草などの青菜を加えて炒め、甘じょっぱくピリ辛な味付けに仕上げて目玉焼きをのせる

 

具材のベースは同店の「ホイコーロー」(920円)と同じ。調味はテンメンジャンとしょうゆ、酒。にんにくでパンチのある風味を、豆板醤で辛味を演出している。ただ「ほんこん飯」の場合はご飯がよく進むよう、若干濃い味付けに。またご飯と一緒に食べやすいよう、野菜を小さめに切っている。

↑店主の荒谷稔さん。驚くべきスピードで料理を仕上げていく技は達人の領域だ

 

これと双璧をなす名物が、「バッコチーハン(とりめし)」だ。こちらは「ほんこん飯」以上に珍しい(「ほんこん飯」的な料理を提供する街中華はある程度存在)メニューであり、特にユニークなのは、ぎんなんが入るところ。名称のバッコは漢字で「白果」と書き、これがぎんなんのことなのだ(チーハンとは鶏飯のこと)。

↑「バッコチーハン(とりめし)」750円。鶏もも肉、ぎんなん、玉ねぎ、ピーマンをしょうゆとこしょうで味付けしながら炒め、隠し味にオイスターソースをあしらう

 

辛さはなく、やさしい甘味がおいしい。また、ご飯と絡みやすいよう片栗粉でとろみを付けているため、全体的にマイルドな味わいとなっている。

 

気配りとおいしさへのあくなき探求心が人気の秘訣

最近になって人気が高まっているのは「ロース飯」。これも独特のネーミングだが、台湾料理の「排骨飯」(パイコーハン)に似た一皿だ。

↑店頭のディスプレイ内にある「ロース飯」

 

排骨とは豚肉にスパイスを効かせた衣を付けカリっと揚げたもので、つまりそのカツをのせたワンプレートである。ここでは、その麺バージョンにあたる「ロースめん」を紹介したい。

↑「ロースめん」850円。ラーメンのベースは塩味で、もやしや青菜をごま油や鷹の爪とともにソテーした野菜炒めものる

 

カレー粉で下味を付けた豚のロースに、小麦粉と片栗粉のブレンドをまぶして排骨に。麺のうえにのせたら、最後にしょうゆベースのあんをかけて完成だ。

↑ゆるいウェーブのかかった中太麺は、多めの160g

 

排骨の存在感は具材としてだけにあらず。肉に浸透したスパイスの風味が少しずつスープにとけだすことで、食べ進めるうちにどんどん魅惑的な味わいに変化していく。

↑つまみや酒も充実している。スピードメニューとして人気の「中華風冷奴」は250円で、酸っぱく辛いタレと干しえび、刻みザーサイが絶妙。「日本酒」「紹興酒」は各450円で「瓶ビール」は550円

 

「ほんこん飯」は、忙しい香港のタクシー運転手がサクっと食べられるようにという背景から生まれたとされる「的士飯」に似ている。それにしてもなぜ同店にはトガったメニューが多いのか。荒谷店主に聞いたところ、自身が創業者にあたる叔父から受け継いだとのことで詳しくはわからないそう。ただ、ベースは広東料理とか。叔父が修業した店の味が引き継がれているという。

↑荒谷さんは約25年前にこの「秀永」の二代目店主となった。かつては早稲田や国分寺にも「秀永」があり、前者が叔父の営む本店だったが2010年11月、引退とともに閉店。いまはその屋号を荒谷さんが守っている

 

とはいえ荒谷さんは伝統の味をそのままにせず、少しずつ進化させている。たとえばそれが、食感を豊かにするために「バッコチーハン(とりめし)」へ加えたぎんなんであり、「ロース飯」を麺に仕立てた「ロースめん」だ。

↑昼はランチを求める腹ペコ族が。夜は夕食や晩酌を楽しむ人々でにぎわう

 

そういえば、同店の飯類に付く汁物は中華スープではなくみそ汁。これは「日本人ならみそ汁のほうがいいのでは」という「秀永」流の哲学だとか。料理がわかりやすい名称になっているのも、そんな気配りからだろう。ときに攻めつつも、守るべきところは大切に。それが安うまグルメ激戦区・高田馬場で永年愛される、「秀永」の人気の秘訣なのだ。

 

撮影/我妻慶一

 

【SHOP DATA】

秀永

住所:東京都新宿区高田馬場2-8-5

アクセス:JRほか「高田馬場駅」徒歩6分

営業時間:11:30~15:30、17:00~22:00

定休日:日曜

【関連記事】
画像1枚でわかるーー「最新サワー・飲料系グミ」の「味」と「歯ごたえ」をマッピング!
「省エネ」は家電だけじゃない!プロが伝授する省エネレシピで作った本格中華を実食した
1位はダイエット中なのに…ウマすぎて手が止まらん! カルディのおしゃれ菓子「ガレット」ランキング
工場見学の超定番スポット「サントリーのビール工場」が進化! 試飲も太っ腹の見学レポート
毎日お得なポイントがもらえる! 「カフェ・ベローチェ」が初の公式アプリをリリース

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです