メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有識者懇前に「平成」準備 「当初から本命」裏付け 3時間早く政令案作成

「昭和」から「平成」へ。元号を改める政令の書類に署名される新天皇陛下=宮殿鳳凰の間で1989年1月7日(代表撮影)

 1989年1月7日の昭和天皇逝去に伴う改元の際に、「平成」など三つの元号案が同日午後の有識者懇談会に示される3時間以上前の段階で、元号を平成に改める政令案が政府内で作成され、内閣法制局による審査が行われていた。当時の手続きに携わった複数の関係者が明らかにした。この改元の際は、当初から「平成」が本命だったとの証言や見方が出ているが、手続きの面でも「本命」として扱われていたことが明らかになった。【青木純】

 関係者の証言によると、同日午前6時33分に昭和天皇が逝去した直後、竹下内閣は「平成」の2文字を入れ…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1166文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです