メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帰還求め数万人デモ 「戦争の間際」の緊張下 パレスチナ・ガザ

負傷したデモ参加者を運ぶ救急隊員ら=ガザ市東部のイスラエルとの境界沿いで2019年3月30日午後、高橋宗男撮影

 【ガザ市(パレスチナ自治区ガザ)高橋宗男】パレスチナ自治区ガザで30日、イスラエル建国(1948年)に伴って故郷を追われたパレスチナ人の帰還権を求める大規模デモが行われた。イスラエルとの境界沿いで、昨年から毎週続く「帰還の大行進」デモが始まって1年にあたる節目の日で、住民ら数万人が参加。パレスチナ保健当局によると、イスラエル軍の発砲で参加者2人が死亡、207人が負傷した。

 約50キロに及ぶガザ地区東部とイスラエルとの境界沿いには、5カ所のデモ会場が設けられた。最大会場となったガザ市東部マラカでは、イスラム教の昼の礼拝を終えた住民たちが続々と集まってきた。市内の建設作業員、ワエル・マムルークさん(45)は「土地を奪われ、ひどい生活を強いられてきた。自分たちの尊厳を訴えるために来た」と話す。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです