メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外最高裁、大崎事件の92歳女性の再審認めず

「無策」のメイ首相、EUも見限り…離脱期限は「長期延期」か

「世界貿易機関(WTO)のルールに移行しよう」。離脱協定が否決された直後、英議会前に集まった離脱派の市民が「合意なき離脱」を訴えた=ロンドン市内で29日午後、三沢耕平撮影

 英下院が29日、欧州連合(EU)との離脱合意案のうち、離脱条件を定めた「離脱協定」の採決を行い、反対多数で否決した。メイ首相が議会に求めてきた現状の合意案による離脱はほぼ不可能になり、英国は離脱方針の転換を余儀なくされる。離脱期限の4月12日まで2週間弱。経済の混乱が予想される「合意なき離脱」を回避するには、議員提案による新たな離脱方針を政府案とするか、総選挙の実施か、選択肢は限られている。いずれの場合も離脱期限の長期延期は避けられない情勢だ。【ロンドン服部正法、ブリュッセル八田浩輔】

この記事は有料記事です。

残り1721文字(全文1967文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです