メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「旅行者に寂しい思いさせられない」ひこにゃん活動休止回避 委託協会が自主運営

たくさんのバレンタインプレゼントに囲まれて喜ぶひこにゃん=滋賀彦根市役所で2019年2月14日

 全国のファンの気をもませた滋賀県彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」の活動休止危機。市の新年度予算案否決で国宝・彦根城からひこにゃんが消えるという最悪の事態は29日、昨年からひこにゃんの運営を委託された一般社団法人「日本ご当地キャラクター協会」=荒川深冊(しんさく)代表理事=が市の本予算成立までの間、自主運営で活動を継続することで回避された。桜まつりや大型連休など春の観光シーズンを前に、関係者らは胸をなで下ろした。

 同協会は、2008年に開催された「ゆるキャラ(R)まつりin彦根」(現ご当地キャラ博)の際、ご当地…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです