メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットいじめ対応マニュアル完成 事例や対処法紹介、解説も 大津市

大津市が配布するネットいじめの対応マニュアル=成松秋穂撮影

 大津市はインターネット上で起きるいじめやトラブルについて、教員向けの対応マニュアルをまとめた。4月から市内の小中学校の全教員と各高校に配布し、市のホームページでも公開する予定。実例などを基に具体的な対処法を示し、現場での早期発見・対応に役立ててもらう。

 有識者や警察、PTAなどでつくる「インターネット等によるいじめ対策会議」(座長=原清治・佛教大教授)などが作成を進めてきた。

 無料通信アプリ「LINE」のグループトークに中傷を書き込まれた▽自分の画像を勝手に加工・拡散された▽スマートフォンを持っていないことでからかわれた――など、ネットにまつわるトラブルを10例掲載。それぞれの問題点▽児童生徒と保護者への対処方法▽その後の学校内での取り組み▽解説▽豆知識――をまとめている。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです