メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットいじめ対応マニュアル完成 事例や対処法紹介、解説も 大津市

大津市が配布するネットいじめの対応マニュアル=成松秋穂撮影

 大津市はインターネット上で起きるいじめやトラブルについて、教員向けの対応マニュアルをまとめた。4月から市内の小中学校の全教員と各高校に配布し、市のホームページでも公開する予定。実例などを基に具体的な対処法を示し、現場での早期発見・対応に役立ててもらう。

 有識者や警察、PTAなどでつくる「インターネット等によるいじめ対策会議」(座長=原清治・佛教大教授)などが作成を進めてきた。

 無料通信アプリ「LINE」のグループトークに中傷を書き込まれた▽自分の画像を勝手に加工・拡散された▽スマートフォンを持っていないことでからかわれた――など、ネットにまつわるトラブルを10例掲載。それぞれの問題点▽児童生徒と保護者への対処方法▽その後の学校内での取り組み▽解説▽豆知識――をまとめている。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです